カウンセリング

医療事務では初期研修が大事

聴診器

医療事務というのは、専門的な知識を必要とする事務職ではありますが、一方で資格などが無くとも就職は可能です。それだけに、医療事務が未経験の場合には初期の研修が非常に大事な意味を持ちます。医療現場で働くということの心構えを作る期間でもあり、また実際の業務に必要な多くの仕事を学ぶ期間でもありますから、それだけしっかりとした研修であることが求められます。研修の時期に、様々な事情によって辞めたいと言う人もいるようです。こういった場合には健康の問題も考えられます。医療現場というのは思っているよりも体力的にハードな現場です。
実際、看護師さんなども元々スポーツをやっていた人も多く、体力が必要な現場ということはよく言われているので、健康管理がしっかりできることも医療事務者には大切です。また、初期の研修がしっかり行われなかった場合や、消化できなかった場合は、実際に受付として働いたりレセプトの作成に携わっても、トラブルを増やすことにもなりかねません。
仕事を覚える、というだけではなく、医療現場で働くということについてよく考え、意識の改革を促すことも研修で大事なことです。特に未経験者の場合には、研修と同時に徹底的なケアがしばらくは必要で、一人前になるにはそれだけ時間が必要なものと考えるべきでしょう。

夜間の医療事務者は接遇研修が大事

医療事務の中でも、特に大変な仕事のひとつが夜間の医療事務です。主に夜間や休日などの診療時間外の救急受付において、窓口対応や会計処理といった医療事務業務を行うことになります。この分野については、主に接遇が大切となります。つまり、患者に対する対応です。医療事務というと、診療報酬の算出などのいわゆるレセプト業務がメインになりますが、夜間の場合にはそれほど案件数が多くないため、正規の時間の医療事務者にまとめて処理してもらうことも多いです。ただ、特殊な事情として、夜間は救急対応であるということがあります。
救急時には、ゆっくりと事務処理をしている場合ではないことも多く、患者やその家族なども切迫した状態で来ていることも少なくありません。スムーズな手続きや誘導などが求められますし、また落ち着かせる、安心させるということでも大事な役割を持ちます。
そのため、接遇研修をしっかり受けていることが望まれますし、派遣会社などではこうした研修をしっかり行ってから送り出しています。特に夜間は電話応対の件数も多くなりますので、研修で適切に案内ができることや、夜勤対応の医師などへスムーズに取り次ぐことも求められます。夜間は、医療事務の中でも特に様々なケースへの対応力が求められる仕事だと言えるでしょう。

医療事務の研修とは

医療事務の研修では、研修後即戦力となるような指導を受けます。仕事で役立つ知識、技術等を講師から教わることができます。医療事務では、患者さんを相手にするため、対人力、対話力、丁寧な言葉遣い、コミュニケーション能力などが必要とされます。それらも研修で身につけることができるでしょう。プログラムやテーマごとに研修内容が違ってきます。
未経験向けのトレーニングもあれば、ある程度できあがった状態からスキルアップするようなトレーニングもあります。上記で挙げたもの以外にもさまざまなトレーニングがあり、研修場によって内容が異なります。毎年研修会が開かれています。テーマに沿って、講師がスピーチをするという形式をとっています。
随時、研修会情報を公開しているサイトがあるので、気になる研修会があれば申し込むと良いでしょう。医療事務の仕事は、患者さんを相手にするだけでなく、データ入力など、その他雑用があります。次から次へと細かいとこまで目が行くように配慮する必要があります。なので、結構忙しいかと思います。しかし、研修を受ければ、それらの仕事にもスムーズに対応できるかと思います。最初のうちは戸惑うかもしれませんが、がんばってください。

Pickup

医療事務の研修で時代の流れに対応する

診察

»read more...

医療事務研修のレポートの書き方

医療事務では研修などが終わった際に、レポートの提出を求められることがあります。研修も仕事の一環ですから、当然受けたことを仕事に活かす必要があります。そのため、しっかりと研修を受けたのか、その確認のためにレポートの提出を求めます。レポートの作成について負担感を感じる人も多いのですが、多くの場合はレポートに求められるのは内容の要約などではありません。また、新たに課題や宿題を突きつけられる…

More Details

TOP