カウンセリング

医療事務の研修で時代の流れに対応する

診察

医療事務の研修では、レセプト作成研修とそして接遇研修が大きな柱となります。そのため、これに関する研修を積極的に行っている医療機関は多いですし、また研修企業などもこういったセミナーや研修を頻繁に開催しています。レセプト作成研修や接遇研修というのが必要なのは、これらは一定ではなく、時代が変わるとそれに応じて変化していくからです。常に新しい情報が入ってきますので、しばらく現場を離れていたなどの事情がある場合には早めに受けておくと良いでしょう。
特にレセプトの作成については、項目であったり算定方法などが変わることも多く、常に勉強が必要になってきます。これをいかにスピードと確実性を持って行えるかは、病院経営に関わってくる大事なものです。接遇研修も、今と昔ではまた様々な違いがあります。インターネット時代の電話案内、また超高齢化社会におけるコミュニケーションに求められる様々な知恵やマナー、そして社会的な反応やトラブル事例など、新しく覚えていくべきことは非常にたくさんあります。
最近はインターネットによる予約システムも増えていますが、そういった新システムを使う場合の対応なども話題になります。時代と共に変わるものこそ、最も研修を受ける価値があるものです。現場で働き続けていたとしても知りえない事例はごまんとありますので、研修で多くの見聞に触れることは業務上の対応力を高めるために欠かせません。

Pickup

医療事務の研修で時代の流れに対応する

診察

»read more...

医療事務研修のレポートの書き方

医療事務では研修などが終わった際に、レポートの提出を求められることがあります。研修も仕事の一環ですから、当然受けたことを仕事に活かす必要があります。そのため、しっかりと研修を受けたのか、その確認のためにレポートの提出を求めます。レポートの作成について負担感を感じる人も多いのですが、多くの場合はレポートに求められるのは内容の要約などではありません。また、新たに課題や宿題を突きつけられる…

More Details

TOP