カウンセリング

医療事務研修のレポートの書き方

ガッツポーズ

医療事務では研修などが終わった際に、レポートの提出を求められることがあります。研修も仕事の一環ですから、当然受けたことを仕事に活かす必要があります。そのため、しっかりと研修を受けたのか、その確認のためにレポートの提出を求めます。レポートの作成について負担感を感じる人も多いのですが、多くの場合はレポートに求められるのは内容の要約などではありません。
また、新たに課題や宿題を突きつけられることもありません。何を学び、何を感じたかに関する内容が多くなっています。しっかり研修を受け、刺激を受けたということがわかるように書くことが、研修の内容を振り返り、業務に活かすためにも大切です。研修の中で刺激を受けたこと、また自分の中で意識が変わったこと、業務の中で間違っていたことや改善ができると思ったこと、それに対するアクションなどをまとめていけば必要な文字数は自然と埋まっていくことでしょう。
レポートではそういった前向きな内容を中心にし、たとえ研修の内容に関連していても、研修そのものや現在の病院に対する批判にならないように気を付けてください。レポートはあくまで研修の効果を確認するためのもので、単位の有無や評価の対象はありませんから、気負いせずに作成してください。

Pickup

医療事務の研修で時代の流れに対応する

診察

»read more...

医療事務研修のレポートの書き方

医療事務では研修などが終わった際に、レポートの提出を求められることがあります。研修も仕事の一環ですから、当然受けたことを仕事に活かす必要があります。そのため、しっかりと研修を受けたのか、その確認のためにレポートの提出を求めます。レポートの作成について負担感を感じる人も多いのですが、多くの場合はレポートに求められるのは内容の要約などではありません。また、新たに課題や宿題を突きつけられる…

More Details

TOP